スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近考えてること②

376.gif<馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前(爆発)

鉄屑くん考察シリーズ第2弾。今回はふと思い浮かんだことをまとめてみた程度なので内容の確かさは非常に怪しいです。

その思いついた事とはズバリこちら。
「(サイキネ持たせちゃ)いかんのか?」
前回と一応繋がっていると思うので、こちらも参考にしてください。

現在考えているパーティがビルド系ブシンに対して非常に薄く、どげんかせんといかん…と考えていた訳ですが、そこで思いついたのがコレ。
思念だとビルドに影響されてしまいますがサイキネなら気にせず殴って行ける…という寸法。
特殊技を使用するということで一般的な125グロスから少々型を変更して性格:意地→勇敢、配分:187(252)-187(116)-153(20)-116(4)-125(116)-81で主に対ブシン・対ガッサを考えて行きたいと思います。

●対ブシン
534.gif<カスが効かねぇんだよ(ビルド)

前述の通りサイキネであれば対ビルド型においてBアップを無視出来るのが利点ですが、はたして火力が足りるのか。計算してみます。

①鉄拳ビルド系
耐久ラインが207-118-110程度(カイリューの鉢巻逆鱗耐え+化ボルトの10万2耐え程度)に対し
思念が144~170、ビルド一回に対しては98~116(約73%で確2)
サイキネが108~128

凄く…微妙です…
まあしかし思念の方は命中も考慮すればビルドを積まれてしまった後では非常に不安な数字でしょうか。
特に物理耐久を落としているタイプのブシンに対してすらこのダメなので、Bにもっと振られていると絶望的と言えそうです。
一方のサイキネはきっちり確2。こちらは逆にブシンの中でも慎重HDについで特殊耐久が高い(であろう)ラインに対してですので、ABベースに対してはもっと良い感じになるでしょうか。

次に被ダメ(=ドレパンの回復量)ですが、187(A76振り)の鉄拳ドレパンが63~75ダメ、ビルド1積みで93~111ダメなのでブシン側の回復量は37ないし55ということになります。
これだけ回復されるとサイキネでも落としきれないので、若干流行りのゴツメを持たせて相殺。
ゴツメダメが34ですので実質的な回復量は最大で3ないし21

これらを合わせて考えるとビルドを積まれなければ突破出来るのは共に変わりませんが、1度積まれてしまうと思念では怯ませない限り勝てないのに対してサイキネであれば約8割の確率で突破可能となります。
オボンは知らん


②珠力尽く系
耐久ラインが189-131-91(カイリューの鉢巻逆鱗耐え+ラティの素竜星耐え程度)に対し
思念・サイキネ共に132~156。全く同じダメらしい。
210珠ドレパンが75~91なので回復量は37~45ですが、これは珠ダメ18+ゴツメダメ31=49よりも低いので普通に突破可能。


③根性系
耐久ラインが183-142-86に対し
思念が120~144
サイキネが138~164。ここまで来るとサイキネの方がダメージで上回るように。
こちらも210根性ドレパンが87~103、回復量が43~51に対し根性ダメ22+ゴツメダメ30=52でギリギリ定数ダメの方が多いのでサイキネで押し切れます。

総括すると対ブシン性能はビルド系も含めて(ゴツメグロス限定ですが)結構優秀になると言えるかと思います。


●対ガッサ
ガッサ<サッー!(胞子)

元々胞子で起点にされてしまう相手なので考察する意味は武神に比べると薄いですが、ゴツメでは無くラムを持たせる場合は対面時に限って相手が出来ますので一応書いておきます。

①耐久ラインが155-100-93程度のポイヒガッサに対して
思念が168~200で余裕の確1。
サイキネが128~152で悲しみの確2。
ちなみにバレパンが42~51なのでポイヒの回復も考慮して約94%の確率で返り討ちに出来ます。

②耐久ラインが155-112-81程度のビルドガッサに対して
思念が152~180(87.5%)
サイキネが146~174(68.75%)
不安だなぁ…特にサイキネのダメージが残念無念。せめてビルドガッサぐらいは落とせると思ったんだけど…
サイキネを採用する上でAのラインを187に拘る必要が無い人は少し削ってCに回すと良いかもしれません。

無振り、H12振りに関しては省略。
ラム+サイキネ+バレパンで対面から何とか…といったところでしょうか。
ちなみにガッサの取り巻きとして有名な対パルシェンですが、サイキネのダメが素で91~108、破り後には136~162。耐久に振った珠パルであれば破っても珠の反動込みで落ちますし、耐久振ってないのはもれなく確定になるので物理で固めたグロスよりも更に対パル性能が上昇します。
パルガッサの並びに対してサイキネが一貫するのもベネ。
取り巻きその2のボルトに対しても167-97-100のラインがサイキネ+冷パンで確定なのでやはり強め。

結論としてはサイキネ/冷パン/バレット/爆発とかめざ炎とか@ラムのような構成で対面系の並びに強く出れるようになりそうです。


ここまでは合わせる技・持ち物を選べばサイキネでもガッサブシンのどちらか一方に限りしっかり対応出来そう、場合によってはより良くなりそう…なのですが。
問題点として前の記事でも述べた「相手の控えに掛けられる負担」が更に低くなってしまうということが挙げられます。
思念であれば投げられやすい水タイプにもある程度のダメが期待出来ましたが、先に見たようにサイキネは抜群取って何とか…といったような火力。等倍ではダメージの期待なんて出来るハズもありません。
ガッサに関しては本来不利な対面ですので逃げられることも無く返り討ちに出来そうですが、ブシン+αの並びに関しては下がられてしまうとこの問題が顕著に表れます。
それをどう克服するかがサイキネグロス採用の鍵になるんでしょうかね。

結果として前回の記事と合わせると
187(252)-187↑(116)-153(20)-116(4)-125(116)-81↓
サイキネ/冷パン/追い打ち・闘技・バレパン・爆発等から二つ@ゴツメorラム
こんな感じになりそうです。
鉄屑くん活用シリーズ第2弾でしたとさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鷹の目

Author:鷹の目
魔法大好きマン
twitter:TSC_diesosoon

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。